連盟長からのメッセージ

 

ガールスカウト福岡県連盟

 

  連盟長  西 和子

 2020年、日本のガールスカウト運動が100周年を迎えます。

100周年事業の達成目標「社会に変化をもたらすチェンジエージェントを増やすこと。

ガールスカウト運動にかかわる仲間の輪を広げること。」が掲げられましたことを踏まえて、福岡県連盟は「連盟長宣言2018」で「見える化して会員増をめざす」として仲間をふやすことに努めています。

 今年の夏は福岡県連盟55周年事業として戸隠キャンプ~GO!GO!(55)Togakushi Let’s ChaIIenge~のテーマのもとブラウニー部門からレンジャー部門まで104名で 4泊5日のキャンプを戸隠ガールスカウトセンターで行いました。年少部門のスカウトも大きなリックを背負って歩く道中は年長スカウトが手を貸してくれます。キャンプでは多くのプログラムにチャレンジしながら大きな絆を作り、たくさんの宝物をそれぞれ持ち帰りました。

これからもガールスカウトを知ってもらい、認知度を上げ広める努力をし、ガールスカウト運動の理解者をふやし、人々の輪を広げて会員を増やしていくことを目指していきましょう。